« チューリップ式 2006&コニファー3種類とワイヤープランツの購入 | トップページ | Dulton(ダルトン)&新宿へのお出かけと新しいデジカメ探し »

チーズ 3 プレジデントブリック / 手作りデザート 68 チーズのプチアレンジ

プレジデントブリック
 プレジデントブリックを購入してみました。

 ウォッシュチーズですが、クリーミーで食べやすいとのことですが、ちょっとどきどき。

 フランス、シャンパーニュ地方産のものなのだそうです。

 最初は、まずはそのまま、そして、オーブンで焼いたじゃがいもにつけて頂きました。

 夫はスライスしたものをあつあつのじゃがいもにのせて、私は、じゃがいもにチーズをのせてさらに焼いて、とろとろのチーズ状態で頂きました。私は黒胡椒や塩も少しのせて。

 確かに、全くないというわけではないですけど、あまり癖はなく、食べやすい味でした。

プレジデントブリック

 でも、熟成がすすむとそのまま食べるのが少し苦手になって、ブルーチーズの時のように、アーモンドとくるみを添え、はちみつをかけて、今回は黒胡椒をふって、簡単デザートにして頂きました。チーズの味がまろやかになるし、私的には好きな食べ方です。

 フルーツを添えるのもおすすめです。邪道かな?甘いパイナップルやりんご、ブルーベリーや葡萄などなど。

 夫は食べないかなあと思って聞いたら、飛んできました(笑)。

 意外と好きだったみたいです。


フラワーライン


 さて、チーズのことを知りたくなって、チェスコのホームページにお邪魔してみました。

 チーズフォンデュのレシピなども掲載されていましたが、私が惹かれたのは、スープにチーズ?の「南フランスの地方料理「スープドポワソン」は新鮮な魚を使って作る濃厚なスープです。これに細切りのコンテをたっぷり入れて、熱々に溶けたところをパンにつけます。」のフレーズと写真♪ものすごく食べたくなってしまいました。

 さてさて、今度はどのチーズを買ってみようかな。



関連日記インデックス
チーズ
手作りデザート

|

« チューリップ式 2006&コニファー3種類とワイヤープランツの購入 | トップページ | Dulton(ダルトン)&新宿へのお出かけと新しいデジカメ探し »

213: 手作りデザート」カテゴリの記事

214: チーズ」カテゴリの記事

217: 食品・食材(編集中です)」カテゴリの記事

コメント

みゃんさんへ

>もう読んでるだけでよだれが出そうでした(笑)
うう、美味しそう(><)

この後、更にチーズにはまってしまい、チルド室がチーズに占領されつつあります(笑)。先日も、チーズ売り場に近づいていく私をきっと夫が止めるだろうと思っていたら、一緒に選んでるし・・・(笑)。

>飛んできたダンナさんが可愛い♪
ほほえましいおふたりの時間が覗けてほっこりした気分です☆

夫はチーズ自体がとても大好きなので、基本的にそのまま食べたいみたいなのですが、私の分だけ、いろいろアレンジしていると、そっちも食べたいという気になることがあるみたいです(笑)。
今あるチーズもどうやって食べようか、気まぐれに考え中です♪

投稿: ひまわりみ | 2006/11/28 18:32

もう読んでるだけでよだれが出そうでした(笑)
うう、美味しそう(><)

>じゃがいもにチーズをのせてさらに焼いて、とろとろのチーズ状態

美味しいに決まってる!その上黒胡椒に塩!
お酒と一緒に食べた~い(笑)

熟成したチーズにアーモンドとくるみを添え、はちみつをかけて
しかもフルーツを添えるなんてなんてお洒落なんでしょう!
パーティーやちょっとした来客に出すのにいいですね*

飛んできたダンナさんが可愛い♪
ほほえましいおふたりの時間が覗けてほっこりした気分です☆

投稿: みゃん | 2006/11/27 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133235/44917355

この記事へのトラックバック一覧です: チーズ 3 プレジデントブリック / 手作りデザート 68 チーズのプチアレンジ:

« チューリップ式 2006&コニファー3種類とワイヤープランツの購入 | トップページ | Dulton(ダルトン)&新宿へのお出かけと新しいデジカメ探し »