« 二子玉へお散歩♪ | トップページ | La Maison Du Chocolat(Paris) ラ・メゾン・デュ・ショコラ 2 表参道 »

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク) 1 新宿三丁目・銀座

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 新宿で、北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)へ。こちらの北京本店が北京ダック発祥のお店なのだそう。

 ランチの時間が終わりに近づいていたこともあり、もっといろいろ食べてみたいような気もしましたが、また次回と言うことで、夫も私も平日限定の中国麺(北京手打ち麺)&北京ダックセットにしてみました。 

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 私達は丸テーブルのソファ席でしたが、ソファ席の方がゆったりできるかもしれないですね。
北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 今週のおすすめの中国麺から夫がチンゲン菜とフカヒレのつゆそば、私が高菜と家鴨のつゆそばを。
北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 どちらも北京ダックからとられたスープがベースとのこと。

 高菜と家鴨のつゆそばの方がさっぱりとしていて、私はてっきり夫もこちらの方が好きなのではないかと思ったのですが、チンゲン菜とフカヒレのつゆそばの方が好みだったらしく。

 夫はチンゲン菜とフカヒレのつゆそばを先に口にしていて、こちらの方が濃厚だったので、味の感覚がちょっと違ってしまったのかもしれないですが。

 とは言え、私もチンゲン菜とフカヒレのつゆそばのフカヒレはフカヒレっぽく(笑)好きでした。

 私に分かるかどうかはともかく、フカヒレもきっといろいろですよね(笑)。

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 北京ダックは1人1巻。

 特に大きいと印象を持つものではありませんでしたが、食べてみると意外と肉厚で食べ応えありです。

 食べ放題もあるようですが、我が家的にはこれはそんなに食べれそうもないです・・・1巻だとちょっと寂しいですが(笑)。

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 デザートは杏仁豆腐。さらさらタイプでした。

 最近では一番水分度高しかな・・・杏仁豆腐も本当にいろいろですよね。

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 席は割りとゆったりとした配置だったかな?

 レストルームがどれも確か男女兼用ではなかったのだけれど、男性用と女性用が通路を挟んでなどではなく、トイレのボックスが並んでいる感じだったので、微妙でした。うまく説明できませんが。

北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)

 さて、中国旅行でこちらのお店へ行った時のことは、ほとんど忘れてしまったと思っていましたが、新宿店に行った後思い出してみると、混雑していたこと、確かコース料理で北京ダック以外のお料理がいろいろと出てきたこと、結果的にコース料理の一部だった北京ダックは目の前でカットされて確か巻かれた状態で出てきたけれど少しだけで、北京ダックを食べに行ったのにあまり印象に残らなかったというような記憶が少しずつよみがえり・・・。

 今回は1巻食べただけなのですが、割と肉厚でしっかりしていてボリュームがあり、北京で食べた時より北京ダックを食べた気分だったような気がします(笑)。

 とは言え、お肉の感じは好みだと思いますし、北京のお店を訪ねてからはもう何年も経っているので何とも言えないところもありますが(笑)。

 次回もきっと北京ダックは食べるかな・・・やっぱり看板メニューですものね・・・飲茶なども食べてみたいと思っていますし♪

 関連日記インデックスは、少しですが、工芸茶やスイーツなども販売されているので、スイーツ雑貨・インテリアショップ(お茶などのお店も含めています)のインデックスも載せておきたいと思います。

 

関連日記インデックス
北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク)
レストラン
スイーツ
雑貨・インテリアショップ

|

« 二子玉へお散歩♪ | トップページ | La Maison Du Chocolat(Paris) ラ・メゾン・デュ・ショコラ 2 表参道 »

37: 新宿・新宿三丁目・新宿御苑前 レストラン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京ダックの老舗 全聚徳(ゼンシュトク) 1 新宿三丁目・銀座:

« 二子玉へお散歩♪ | トップページ | La Maison Du Chocolat(Paris) ラ・メゾン・デュ・ショコラ 2 表参道 »